ライナフ スマートロック – スマート会議室|スマートロックを活用した貸会議室システム

株式会社ライナフは、不動産管理向けシステムおよびアプリの開発、不動産活用サイトの運営を行なっております。ソフトウェアからハードウェアまで手掛けており、業務及びサービスに関するお問い合わせ等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

ライナフ、次世代スマートロック「NinjaLockM」を来春発売開始。不動産の

スマートロックを切り口に不動産テックサービスを展開するライナフは3月30日、スマートロックの新機種「NinjaLock2」を公開した。製品は5月より

著者: Wakako Mukohata

株式会社ライナフのプレスリリース(2019年4月2日 10時30分)次世代スマートロックでキーレス運用。ライナフ、美和ロックと共同開発した賃貸

不動産管理向けサービスの株式会社ライナフは4月2日、鍵・錠前の総合メーカーの美和ロック株式会社と共同開発した次世代スマートロック「NinjaLockM(ニンジャロック・エム)」を発売した。

不動産管理向けのサービスを開発する株式会社ライナフ(東京都千代田区、代表取締役:滝沢潔、以下ライナフ)は、美和ロック株式会社(東京都港区、代表取締役社長:川邉 浩史、以下美和ロック)と共同開発した次世代スマートロック「NinjaLockM

Ninjalock(ニンジャロック)とは

スマートロック「NinjaLock」を提供するライナフは1月30日、日本初となる「サービスが入ってくる家」プロジェクトを発表した。NinjaLockやオート

Additional Keypad. By installing the numeric keypad on the outside of the door, you can open and close the key punching in the PIN code or holding up your NFC card without your smartphone.

NinjaLockは工事不要、電源不要のスマートロックです。部屋の鍵をスマートフォンで開けられるようになります。ユーザーを増やすことができるので、家族や一部の許可した人のみ開けられるようにすることができます。また、Wifiとつながれば、遠隔操作で開け閉めすることも可能。

スマートフォンで開錠、施錠を可能にするスマートロックです。 工事不要、電源不要です。インターネット上でカギをシェアすることで、 物理的なスペアキーは不要になります。 自宅に、オフィスに、シェアハウスに使える、 新しいドアロックシステム

~リアルタイムクロック内蔵など新機能が盛り沢山。キーパッド等のオプションも同時に発表~ 不動産活用のためのIoT製品を開発している株式会社ライナフ(東京都千代田区、代表取締役:滝沢潔、以下、ライナフ)は、高性能スマートロック「NinjaLock2」を発表し、本年5月より予約販売を開始

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、NinjaLock2(ニンジャロック2) スマートロック スマホで鍵の開閉やオートロックが可能にをDIY・工具・ガーデンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

スマートロックのデメリットと弱点 買う前に知っておきたい、スマートロックの「弱点」とは? 民泊に威力を発揮するスマートロック 民泊とスマートロックの相性は抜群! 店舗や事務所でこそ生きてくるスマートロックのメリットとは 鍵の管理でお困り

ライナフの執行役員 杉村空氏は「これまでのスマートロックと異なる点は入居者に鍵を渡さない、完全なキーレスも実現できる」とその特徴を

不動産管理向けのサービスを開発する株式会社ライナフ(東京都千代田区、代表取締役:滝沢潔、以下ライナフ)は、美和ロック株式会社(東京都港区、代表取締役社長:川邉 浩史、以下美和ロック)と共同開発した次世代スマートロック「NinjaLockM(

株式会社ライナフが開発したスマートロック「NinjaLockM(ニンジャロック・エム)」が、2019年10月31日に神奈川県横浜市が開設したベンチャー企業成長支援事業の新拠点「YOXO BOX(よくぞ ボックス)」に導入された。 「YOXO

スマートロックとは、スマホなどの電子機器を通じて、開錠や施錠を行う鍵のこと。利便性もさることながら、セキュリティ対策の面からも注目されているアイテムです。とはいえセサミなど有名な製品をはじめ、さまざまな特徴を持った製品があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまうと

スマートロック「NinjaLock」や、そのNinjaLockと連携するアプリケーションなどを開発するライナフは2月1日、三井住友海上キャピタルおよび三菱

ライナフは12月14日、大手鍵メーカーと共同開発した、次世代スマートロック「NinjaLockM」を、2019年春より発売すると発表した。機能の詳細につい

美和ロックが定める試験をクリアしており、高い防犯性と耐久性を有します。 入居者向け物件のIoT化に最も適したスマートロックとして、新築物件はもちろん、既築物件の付加価値向上にも最適な製品です。

スマートロック「NinjaLock」で知られるライナフは、不動産テック企業の中では珍しい、ハードウェアも手がけるスタートアップだ。常に不動産に

楽天市場:THE・KAGI堂のメーカーから商品を探す(A~M) > Linough ライナフ > NinjaLock2 ニンジャロック一覧。当店は、山形県のプロのカギ屋が運営する鍵の専門店です。 DIYで簡単に鍵を交換できるようにお手伝いします。

スマートロックは、予約時に発行できるバーチャルキーで簡単に開閉できます。 バーチャルキーは予約された日時・会議室限定の鍵になるため、紛失・盗難のリスクがゼロに。 入室履歴もすぐに確認できま

2015年08月10日17時00分. スマートロック3社の社長が賃貸住宅フェアでガチ対決!いちばんオススメの製品はどれ?

スマートロックによる「キーレスな暮らし」が賃貸物件においても動き出している。ライナフは4月2日、賃貸住宅特化型のスマートロック

スマートエントランスシステム 遠隔地からの解錠や スマートフォンアプリでの解錠で 共用建物のエントランスが より便利になります。 お問い合わせ. Ninja Entranceについて

2015年08月23日10時30分. NinjaLockはガラケー対応スマートロック!Wi-Fi内蔵でウェブ監視や近づくと自動解錠も可能

スマート会議室で予約すると電子キーがお客様に自動発行されます。 スマート会議室マイページから対象電子キーを選択して解錠ボタンを押すと、インターネットを経由して自由にドアを開閉できます。 ガラケーは050-3187-6868に電話してください。

ちょっと展開のされ方が見えにくいですが、その性質やNinjaLockのメーカであるライナフ社が「Ninja Entrance」や「スマート会議室」といったこのスマートロックと親和性の高そうなサービスも扱っているため、現在は基本路線として法人向けを想定している

ご利用には、ライナフが提供するスマートロック「NinjaLock」本体が別途必要です。 【NinjaLockの主な特徴】 スマホが鍵になる! NinjaLockを鍵の内側(サムターン部分)に取り付けることで、お手持ちのスマホが鍵の代わりになります。

【NinjaLockの概要】 ライナフが提供するスマートロック「NinjaLock」と組み合わせて使うアプリです。 本アプリを使って、NinjaLockの設定、操作が行えます。 【ご利用前の準備】 ご利用には、ライナフが提供するスマートロック「NinjaLock」本体が別途必要です。

2015年08月23日10時30分. NinjaLockはガラケー対応スマートロック!Wi-Fi内蔵でウェブ監視や近づくと自動解錠も可能

「NinjaLock(忍者ロック)」は不動産に特化したシステム会社の株式会社ライナフが開発するスマートロックです。 不動産、つまり家のことを熟知したライナフが手掛けるスマートロックにはどのような特徴があるのでしょうか?

ちょっと展開のされ方が見えにくいですが、その性質やNinjaLockのメーカであるライナフ社が「Ninja Entrance」や「スマート会議室」といったこのスマートロックと親和性の高そうなサービスも扱っているため、現在は基本路線として法人向けを想定している

ライナフ NinjaLock2 ニンジャロック2 NL02. サムターンに被せるタイプのスマートロック。両面テープのほか、別売りのマグネットパッドを使用すれば、一時的に外す必要のある場面でも簡単に着脱ができ

株式会社ライナフの「スマート内覧」は、新規、既存物件を問わず、後からでもドアに取り付け可能なスマートロックと、スマートロックの開閉信号を送ることができるタブレット型ゲートウェイとで実現されるシステムです。

不動産管理などを手がけるライナフが2018年1月30日に発表した「サービスが入ってくる家」が興味深かった。スマホで鍵を遠隔地からでも開け閉めできる「スマートロック」を全戸に配備した賃貸マンションを開発し、生鮮食品宅配サービスや家事代行サービス事業者と連携したのがそれだ。

スマート内覧は、ライナフのスマートロック「NinjaLock」を活用した無人内覧サービスである。一般的には興味を持った物件情報を賃貸不動産の

Qrio Lock や Qrio ただいまキット、Qrio Smart Tagなど、生活を便利に楽しくするQrio(キュリオ)株式会社の総合情報ページです。本サイトでサポート情報や会社情報などについてもご覧いただける他、製品のご購入も可能です。

スマートロックの比較記事ですが、今回はスマートロックロボット「Akerun(あけるん)」との比較です。スマートロックの導入を検討されている方向けに、専門家としてスマートロック中の人がAkeruntとRemoteLOCKの比較をしてみました。

スマートロックとは スマートロックとは、スマートフォンの専用アプリを使用し、カギの開閉を行えるシステムである。国内では2015年頃から多くの製品が出荷開始となり、現在はホテルのチェックインはもちろん、民泊やシェアハウス、オフィス・店舗における従業員の入退室管理など幅広く

スマートロックでカンタン・ITで入室管理。 RemoteLOCK(リモートロック)は物理カギもスマホアプリもいらないスマートロックです。 Wi-Fi&暗証番号で、あらゆるドアと入室をクラウドから遠隔管理するため、 遠隔対応、自動化、無人化などビジネス利用・運用に最適なスマートロック/電子錠

フォトシンス、ライナフ、Qrioと2015年に国内3社から発売されたスマートロック。個人利用をはじめとして、ホテル、不動産賃貸を始めとする様々

昨年、色んなメーカから立て続けに発売されたスマートロック。その中でチョイスしたのは、ライナフさんのNinjaLockです。なんと、このNinjaLockは取り付けアタッチメントの3Dデータが公開されており、3Dプリンタが在れば、自宅のドアに

スマートロック 今年(2015年)に入って、スマートロックの新製品の発表が急に増えてきました。いわゆるスマートフォンで開け閉めできる鍵です。企業が発表しているスマートロックは、今ある鍵を取り替え必要はなく、価格は安いものだと1万円台から出ています。

ライナフの滝沢潔社長は、「スマートロックと言っているが、セキュリティ面やスタッフの習熟度のばらつきなどを考え、まずはアプリを使わず

スマートロックを軸に不動産サービスを展開するスタートアップ、ライナフは1月30日、家に不在でも宅配や家事代行サービスが受けられる

スマート内覧で出来ること カレンダーから空き時間を確認して内覧予約 内覧したい部屋の内覧受付カレンダーから、ご希望の日にちと時間を指定してご予約ください。

ライナフのスマートロック技術活用LIXILはベンチャー企業の事業創造を支援するため、昨年から今年にかけてアクセラレーター・プログラムを

NinjaLockは株式会社ライナフが提供するスマートロックデバイスです。いま使用している鍵の上から取り付けることで利用可能で、スマートフォン、パソコン、フィーチャーフォン(ガラケー)を使用して操作することが可能です。

このようなスマートロックを民泊に導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか? アプリやWebで鍵を簡単にシェアできる. スマートロックでは、物理的なルームキーを介さずにすべてインターネット経由で鍵の受け渡しを行うのが一般的です。

スマートロックをはじめとしたIoTデバイスと、そのデバイスを連動させた不動産サービスを提供する株式会社ライナフが5社から総額3.2億円の資金調達を実施しました。この記事では、資金調達を実施した背景と、ライナフが不動産オーナー向けに提供しているサービスについて解説したので

不動産に革命を起こすことができるような技術・サービスの開発を目指すスタートアップ。スマートロックをはじめとするIoT製品など不動産業務を効率化するサービスを複数展開。「NinjaLock」はスマートフォンで開錠・施錠ができるスマートロック。工事も電源も不要で、インターネット上で鍵

大手不動産企業を中心に全国の物件に導入され、賃貸・分譲マンション、戸建て、シェアハウス、コワーキングスペース、会議室など、 ライナフが手掛けるスマートロックやウェブサービスは、あらゆる場面で活用されています。

収益物件を保有しているオーナーさんは、鍵の受け渡しや入退去時の鍵交換の手間に悩まされているのではないでしょうか。Ninja Lock Mを活用すれば、鍵の受け渡しも入退去時の鍵交換も必要ありません。美和ロックとライナフがコラボした次世代のスマートロックの特徴や評判について紹介して

不動産管理向けアプリやシステムを開発するライナフ(東京・千代田、滝沢潔社長)は30日、自宅不在時に室内で荷物を受け取ったり、家事代行

NinjaLockは株式会社ライナフが提供するスマートロックデバイスです。いま使用している鍵の上から取り付けることで利用可能で、スマートフォン、パソコン、フィーチャーフォン(ガラケー)を使用して操作することが可能です。

スマートロックを利用した不動産活用サービスを提供するライナフは11月4日、三菱地所、dgインキュベーション、西武しんきんキャピタル、他を

スマートロックで新たな不動産活用を生み出し、不動産の世界に革命を起こそうと起業したのがライナフです。ライナフではスマートロックの「NinjaLock」を開発し、それを活用して無人でも物件見学ができる「スマート内覧」、貸し会議室の無人運用を実現