獣医師 届出 22条 – 獣医師法第22条の届け出について

第13条 法第22 条の農林水産省令で定める2年ごとの年は、昭和57年及び同年以降2年ごとの各年とする。 2 法第22条 (法附則第11項後段及び法附則第15項において準用する場合を含む。)の規定による届出は、第6号様式によらなければならない。

獣医師法第22条の届出について 獣医師法第22条の届出について. 獣医師法第22条の規定により、獣医師は2年ごとに、その氏名、住所等を都道府県知事を経由して農林水産大臣に届出ることが義務付けられて

14 行 · 獣医師法第22条に基づく獣医師の届出 獣医師免許をお持ちの皆様へ: 平成30年度は届出が必

【連絡先】 所在地 電話番号
鹿児島中央家畜保健衛生所 〒899-2201日置市東市来町湯田1 099-274-7555
鹿児島中央家畜保健衛生所熊毛支所 〒891-3604熊毛郡中種子町野間6 0997-27-0036
鹿児島中央家畜保健衛生所大島支所 〒894-0512奄美市笠利町中金久77 0997-63-0045
鹿児島中央家畜保健衛生所大島支所喜界町駐在機関 〒891-6202大島郡喜界町湾160-1 0997-65-0046

www.pref.kagoshima.jpに関する全 14 行を参照
[PDF]

1 / 3 ページ 獣医師法第22条に基づく届出概況表(平成26年12月31日現在) 小 計 行 政 機 関

[PDF]

獣医師法第. 22条に基づく届出に関するQ&A. Q1 届出を行わなかった場合、どうなりますか。 A1 本届出は、獣医師法上の義務であり、不履行の場合は法第. 8. 条第2項第3号により業務の停 止が命ぜられたり、免許が取り消される場合があります。

獣医師法第22条の届出について 獣医師の分布、就業状況、異動状況等を的確に把握し、獣医事行政を的確に遂行するため、獣医師は獣医師法第22条により2年毎に住所、氏名、就業状況、勤務先等の届出をすることになっています。

獣医師法第22条の規定により、獣医師は、2年ごとにその氏名、住所等を、都道府県知事を経由して農林水産大臣に届出ることが義務付けられています。 千葉県内にお住まいの方 は、下記届出先へ届出てくだ

[PDF]

獣医師法第22条の届出状況 38,985届 7,684 34,536 小 計 284 537 診 療 169 小 計 308 そ の 他 115 行 政 機 関 123 小 計 1,895 試験研究機関 0 診 療 1,712 検査指導機関 185 そ の 他 183 小 計 158 小 計 2,471 行 政 機 関 47 試 験 研 究 182 試験研究機関 82 診 療 228

獣医師法第22条に基づく届出状況 . 獣医師は、獣医師法第22条に基づき、2年に1回、従事する業務内容等を知事を経由して農林水産大臣に届出することとなっています。 (1) 最近の届出状況(就業分野別等) 平成30年 (PDF)

[PDF]

食肉衛生検査センター、 食 品 衛 生 検 査 所

1.飼育動物診療施設の開設に関する届出
[PDF]

獣医師法第22条の届出書 条第一号に規定する一般社団法人等をいう。 5 届出書が経由される都道府県が前回と異なる場合は、前回の都道府県名を備考欄に記入すること。

獣医師は、獣医師法第22条の規定に基づき、2年に一度の届出が義務付けられており、平成30年はその届出を行う年になっております。 獣医師免許をお持ちの方は、業務の種類及び内容にかかわらず、下記により届出を行っていただきますようお願いします。

獣医師法第22条に基づく獣医師の届出. 2018年9月12日更新. 獣医師免許をお持ちのみなさまへ 獣医師には、獣医師法第22条に基づく2年ごとの届出が義務付けられています。

法第22条に基づく届出 (獣医師の住所・氏名等の届出) → 詳細はこちら(農林水産省). 獣医師の分布、就業状況、異動状況等を的確に把握するため、2年ごとに行われています。 獣医師の資格を有する者は 獣医事への従事の有無にかかわらず 、届出が義務付けられています( 罰則もあります

更新日:2017年4月18日. 獣医師免許をお持ちの皆様へ 獣医師法第22条の届出 獣医師法第22条に基づき、獣医師の分布、就業状況、異動状況等を的確に把握するため、獣医師には2年毎に届出が義務つけられ

獣医師法第22条の届出について 獣医師は,獣医師法第22条の規定により2年に一度,氏名,住所,その他の農林水産省令で定める事項を県知事(窓口は住所を管轄する家畜保健衛生所)を経由して,農林水産大臣に届け出る義務があります。

届出様式. 獣医師法第22条届出様式 [PDFファイル/82KB]/ 獣医師法第22条届出様式 [Excelファイル/105KB] 提出先 ・住所地が泉佐野市・泉南市・阪南市・田尻町・熊取町・岬町にお住まいの方 泉佐野市 健康福祉部 保健推進課

獣医師は、獣医師法第22条の規定に基づき、2年に一度の届出が義務付けられており、 平成30年はその届出を行う年になっています。必要事項をご記入の上、ご提出ください。 対象 : 獣医師免許をお持ちの方(業務の種類及び内容にかかわらず)

獣医師法施行規則第6号様式(届出様式)は、日本工業規格のa4用紙の大きさです。 届出の作成にあたっては、農林水産省hp(外部サイトへリンク)をご確認ください。 エクセル様式により電子メールで届出をされる場合は、メールのタイトルに「獣医師法第22条」と記載してください。

都道府県の届出先一覧(獣医師法第22条の届出) 届出先はお住まいの都道府県庁の畜産主務課又は家畜保健衛生所です。 都道府県ごとに異なりますので、詳しくはリンク先URLからご確認をお願いします。

獣医師法第22条において、獣医師の分布、就業状況、異動状況などを把握するために、獣医師免許を持っている場合は2年に1度届出を出す必要があります。 国家試験の問題にも出たことあるような内容。 今までは動物病院に勤めていたので、時期がくると気の利く上司の先生が教えてくれていた

[PDF]

3 獣医師法第22条届出様式・記載上の注意 第6号様式 【様式例】 ※ 点線部で切り取れば、届出様式として使用できます (日本工業規格a6) 1 届出は、勤務地ではなく住所地の都道府県主務課に届出ること

獣医師法第22条の規定により、獣医師は、2年に1度、住所や業務の内容等を住所地を管轄する都道府県を経由して農林水産省に届出することとされており、本年はその届出を行う年です。 獣医師の皆さんは忘れずに届出をお願いします。 1 対象

獣医師として必要な「届出事項」等について 獣医師法に基づく届出 (法第22条、免許関係 など) 家畜伝染病等の発生の届出 死亡牛の届出 診療施設、往診診療(動物病院等)に関する届出

[PDF]

獣医師法第22 条に基づく届出に関するQ&A Q1 届出を行わなかった場合、どうなりますか。 A1 本届出は、獣医師の義務ですので、不履行の場合は、法第8 条第2 項第3 号により業務の停 止が命ぜられたり、免許が取り消されることがあります。

獣医師法第22条に基づく届出について 印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040825 更新日:2019年4月1日更新 獣医師は、獣医師法第22条により、2年ごとに12月31日現在の氏名、住所などをお住まいの都道府県を通じて国に届け出なければなりません。

獣医師法第22条の届出について. 獣医師は2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所等を翌年の1月31日までに、住所地(居住地)を管轄する都道府県知事に届け出る必要があります。

[PDF]

長野県の獣医師の皆様へ 獣医師は、獣医師法第22条の規定により業務の種類及び内容等にか かわらず、2年ごとの届出が義務付けられおり、平成30年度はその届

[DOC] · Web 表示

獣医師法第22条の届出について 獣医師の分布、就業状況及び異動状況等の的確な把握は、獣医事行政の的確な遂行のために重要であることから、獣医師は、2年毎に住所、氏名、就業状況及び勤務先等を届け出ることが義務付けられています。 獣医師法施行

[DOC] · Web 表示

獣医師法第22条の届出について 獣医師の分布、就業状況及び異動状況等の的確な把握は、獣医事行政の的確な遂行のために重要であることから、獣医師は、2年毎に住所、氏名、就業状況及び勤務先等を届け出ることが義務付けられています。 獣医師法施行

獣医師法第22条に関する届出様式が変更されました 獣医師法第22条の届出について 「獣医師は2年ごとにその氏名、住所等を農林水産大臣に届け出なければならない」と規定されています(獣医師法第22条

(届出義務) 第22条: 獣医師は、農林水産省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他農林水産省令で定める事項を、当該年の翌年1月31日までに、その住所地を管轄する都道府県知事を経由して、農林水産大臣に届け出なければならない。

獣医師法第22条の届出について. 獣医師は2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所等を翌年の1月31日までに、住所地(居住地)を管轄する都道府県知事に届け出る必要があります。 次回の獣医師法第22条の届出の年は、令和2年度です。

獣医師法第22条の規定により、獣医師は、2年に1度、住所や業務の内容等を住所地を管轄する都道府県を経由して農林水産省に届出することとされています。 本年はその届出を行う年です。 獣医師の皆様は忘れずに届出をお願いします。

獣医師法第22条に基ずく届け出提出につきましては、下記の提出期間内に本会事務局にお届けいただいたものは、取り纏めて東京都に提出いたしますので、希望される支部におかれましては、期限内にご送付いただきますようお願いいたします。

最近の届出状況. 獣医師法第22条に基づく届出は、獣医師の分布、就業状況、異動状況等を的確に把握するために行われています。 岩手県の届出状況(平成28年) (pdf 148.8kb)

獣医師法第22条の届出について. 獣医師には、獣医師法第22条に基づく2年ごとの届出が義務付けられています。 平成30年度は届け出が必要です。 【届出書式等一覧】 獣医師法第22条の届出書に関するお知らせ及び届出書様式(pdf:466kb)

獣医師法第22条の規定に基づく届出について. 公開日 2018年09月21日. 獣医師の皆様へ 獣医師は、獣医師法第22条の規定に基づき、2年に一度の届出が義務付けられており、本年はその届出を行う年になって

獣医師法第22条の届出. 獣医師は、獣医師法第22条により農林水産省で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他農林水産省例で定める事項を、当該年の翌年1月31日までに、その住所地を管轄する都道府県知事を経由して、農林水産大臣に

獣医師法第22条に基づく届出書(ダウンロードできます) 獣医師法第22条に基づく届出書 (Excel : 86KB) 獣医師法第22条に基づく届出書 (PDF : 169KB) 【県内獣医師の皆様へ】 ・平成30年は獣医師法第22条に基づく2年に1度の届出の年となっています。

獣医師法第22条の届出とは、 獣医師が農林水産省令で定める2年ごとに氏名、住所、業務内容等についてする届出です。 (西暦の偶数年の12月31日現在の状況を翌年の1月31日までに届出) 【申請対象】 京都府内にお住まいのすべての獣医師

獣医師免許をお持ちの方は獣医師法第22条の規定に基づき、2年ごとに獣医師の届出を行うこ必要があります。 12月31日現在における氏名・住所その他必要事項について所定の用紙に記入のうえ、市へ届け出てください( 寝屋川市にお住まいの方は、寝屋川市

2017.07.24 薬剤師. 薬剤師の届出は2年に1度。忘れた時の罰則は? 日本に居住する薬剤師は2年に1度、12月31日現在における 氏名 、 住所 、 その他厚生労働省令で定められている事項 について、翌年の1月15日までに届け出ることが義務付けられています(薬剤師法第9条)。

獣医師法(以下「法」という。)第3条の規定により、獣医師の免許を受けようとする者は、申請書(第1号様式)に次に掲げる書類を添え、登録免許税及び手数料の額に相当する金額の収入印紙をはり付けて農林水産大臣に提出しなければならない。 ただし、行政手続等における情報通信の技術

当該獣医師又はその代理人は、第3項の規定による通知があつた時から意見の聴取が終結する時までの間、農林水産大臣に対し、当該事案についてした調査の結果に係る調書その他の当該処分の原因となる事実を証する資料の閲覧を求めることができる。 この場合において、農林水産大臣は、第

【獣医師法・獣医療法】各種申請・届出様式 の3件のリンクは、新しいウインドウで開きます。 開設届. 変更届. 廃止(休止・再開)届. 獣医師法第22条の届出.

家畜保健衛生所では、獣医療法に基づく診療獣医師の指導や診療施設に係る届出の受理、 獣医師法 第22条 による獣医師の就業状況等の把握に努めています。 また、家畜改良増殖法に基づいて、家畜人工授精師の免許並びに家畜人工授精所の開設の許可等についての業務を行っています。

[PDF]

獣医師には、獣医師法第22条に基づく 2年ごとの届出が義務付けられています。 平成30年は届出が必要です。 届出様式に必要事項を記入の上、 平成31年1月1日から1月31日までに、 お住まいの都道府県に提出してください。 ※届出様式や記載方法は農林水産省HP

獣医師法第19条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:診療を業務とする獣医師は、診療を求められたときは、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。 第22条第1項 (届出

[DOC] · Web 表示

獣医師法第22条の届出書 (平成 年12月31日現在) 登録番号 本籍地の属する都道府県名 登録年月日 ふりがな. 氏名 性別 生年月日 年齢 歳 現住所 免許取得

獣医師法第22条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:獣医師は、農林水産省令で定める二年ごとの年の十二月三十一日現在における氏名、住所その他農林水産省令で定める事項を、当該年の翌年一月三十一日までに、その住所地を管轄する都道府県知事を経由して、農林

[PDF]

獣医師法第22条に基づく届出の作成参考資料 以下,獣医師法(昭和24年法律第186号)第22条の 届出を作成される際の参考として下さい. 1 一般的事項 (1)届出は獣医師法施行規則(昭和24年農林省令第 93号)第13条に規定する届出書(第6号様式)により

届出の期日までに住所地を管轄する都道府県 (上川管内に住所地がある獣医師は北海道上川総合振興局) 提出書類 獣医師法第22条の届出書(第6号様式) ※獣医師法第22条の届出(農林水産省HP) (第6号様式も、こちらにあります。

本年は、獣医師法第22条の規定に基づく、2年に一度の獣医師の届出を行う年になっております。 獣医師免許をお持ちの方は、業務の種類及び内容にかかわらず、下記により家畜保健衛生所に届け出てくだ

獣医師は獣医師法第22条により、2年に一度、氏名、住所、その他の事項を定められた様式に記入し、都道府県知事を経由して農林水産大臣に届け出る義務があります。 届出をしなかった場合は獣医師法第8条第2項の規定により、業務の停止や免許が取り消されることがあります。

[PDF]

獣医師法第22条の届出について 各 会 員 様 公益社団法人 福岡県獣医師会 獣医師は、獣医師法第22条により2年毎に届出が義務付けられています。 (届出義務) 第22条 獣医師は、農林水産省で定める2年ごとの年の12月31日現在に

獣医師免許をお持ちの方は、獣医師法第22条の規定により2年ごとに届出を行う必要があり、門真市にお住いの方は平成30年より門真市へ届出をすることとなりました。 注意:令和2(2020)年は届出が必要で

獣医師法第22条の規定に基づく届出について 獣医師免許を所有する者は、獣医師法第22条により2年毎に住所、氏名、就業状況および勤務先等について、都道府県知事を経由し、農林水産大臣に届け出ることが義務付けられています。 届出をしなかった

獣医師の届出義務に係る手続き. 獣医師法第22条に基づき、獣医師には2年ごとに届出が義務付けられています。 ※ 平成30年度の届出は終了いたしました。